執行役員 兼 プロダクトオーナー
KOHTA WADA
和田 広大
経歴
2012年キャリア入社
担当業務
執行役員兼プロダクトオーナー
座右の銘
やるなら今しかねえ
PROFILE:神奈川出身。大学卒業後、新卒で鉄道会社に入社し法務部門に配属。2年後、中小企業の支援をしたいと思い、ソウルドアウト株式会社に転職。法務部として2年間従事し、新規事業開発担当へ異動。2015年にSO Technologies株式会社にプロダクトマネージャーとして異動。数々のサービスをリリースさせ、2年後には取締役に就任。現在は執行役員と兼務でATOMのプロダクトオーナーとして従事。
父親のような中小企業の方を支援したい
大学卒業後は鉄道会社に入社し、2年間働いていました。もともと、街づくりや地元に根付いた産業に興味があって選んだ仕事だったのですが、配属されたのが法務部だったんです。色々悩んだ結果、2年後にソウルドアウトに転職しました。だからソウルドアウトに入社したときも、法務としての採用だったんです。 転職を考える時は、今までに2年間やっていた鉄道業界や街づくりのことはいったん忘れて、自分の原体験に立ち戻ろう、と考えました。そこで改めて思ったのが、大学生の時に見た父親の姿でした。父親は会社を経営していたのですが、リーマンショックの時につぶしてしまったんです。
とにかく中小企業の経営者は孤独で、だれも親身になって相談にのってくれる人もおらず。思い返せば、もうちょっと早くいろんな金融関係の情報などを知っていたら、もしかしたらつぶれなかったかもしれない、とも思いました。
だから父親のような中小企業の方を支援したい、そういう人たちが頼るような会社に入りたい、と思った時に見つけたのがソウルドアウト株式会社でした。
現在は、運用型広告の統合管理ツール「ATOM」のプロダクトオーナーとして、開発およびマーケティングセールスの統括をしています。ATOMは運用型広告を取り扱う広告代理店様向けの業務効率化ツールです。主要10媒体の広告効果を一元管理でき、また顧客提出用のレポートも自動で生成することが可能です。
プロダクト開発は先が読めないことも多いので、時には我慢が続く時期もあります。ですが、その時期を経てプロダクトがリリースされたときの喜びはひとしおです。
今ATOMで提供している価値は広告代理業における部分最適です。どうやったら提供価値の幅を広げていけるかを考え、そしてそれを実現することにより、広告代理店の先にいる日本全国の中小事業者の売上アップに寄与していきたいです。
そのためには、今後も、とにかくデジタル広告代理店の経営者の方に数多く会おうと思います。彼らの力になるために何ができるのかを徹底的に考えたいです。
仕事をする上で欠かせないもの
私にとって仕事をする上で欠かせないものは音楽です。
気分の浮き沈みがあるときには、MOROHAの「勝ち負けじゃないと思える所まで俺は勝ちにこだわるよ」という曲を聴いて自分を奮い立たせています。
我ながら暑苦しいですね(笑)
選ばれる会社になっていかなければいけない
プロレスや格闘技の観戦が趣味です。社内の部活制度にもプロレス格闘技観戦部を立ち上げて、部署を越えた交流を図っています。
働いていて日々感じることは、社員皆さんが本当に良い人で、仕事外のコミュニケーションも豊富な明るい職場だということですね。あと、顧客や事業領域に対する興味関心が強い方、それと素直でポジティブな方が多いです。今後もそんな仲間を積極的に増やしていきたいと思っています。
オーナーシップを持って会社やサービスをより良いものにする気概がある方だと弊社での仕事も楽しめるかと思います。採用面接では、会社のこと、仕事のこと、自分のこと、沢山お話させていただき、「SO Technologiesに入りたい。」と思ってもらえるような時間をつくるよう心がけています。選ばれる会社になっていかないといけないと思っていますので、そのために、なるべく沢山の方とお会いするようにしています。勉強になることも多いんですよね。
SOT STYLES
社員インタビュー 環境・制度