HR
MARI INOUE
井上 麻里
経歴
2019年キャリア入社
担当業務
HR担当
座右の銘
いつか出来ることは、全て今日から始めた方がいい
PROFILE:神奈川県出身。大学卒業後、新卒で三菱自動車工業株式会社に入社。人事部に配属され採用業務を中心に労務や研修に携わる。その後アパレル、ゲーム会社などで新卒からキャリア採用、研修、制度企画などを経験し、2019年にSO Technologies株式会社に入社。現在は採用を中心に採用広報や人事業務全般に従事している。
ワクワクする会社
入社当時は正社員が30人にも満たない会社で「これからエンジニア採用を頑張っていきたい。」というフェーズでした。私はロジカルなエンジニアを尊敬しており今後も応援していきたいと思っていましたので、エンジニア組織をつくるフェーズからジョインできるのは大変魅力的に感じました。私は生まれも育ちも横浜なのですが、父の仕事の都合で名古屋や広島、福岡など中学までに5回も転勤するくらい転勤族でした。友達の家は工場をご両親が経営されていたり、文房具屋だったり、クリーニング屋だったり。店舗経営で生活をしている家庭がほとんどでした。サラリーマン家庭って私くらいだったのかな?って思うくらい!なので、面接の時に代表の山家から「地方活性化=日本活性化」という話にものすごく納得しましたし、安く売って広めることができる自動集客SaaSサービス事業にも興味がもてました。toBではあるものの、個店支援であればtoCよりのサービスにもなるので楽しそうだなと思いましたね。
現在の採用手法としてダイレクトリクルーティングとリファラル、エージェントからのご推薦で採用活動をしています。地方創生というミッションに共感していただけることが多く、地方出身者の方で「いつか地元を盛り上げたいと思っていた。」と、ご入社される方が多いです。
SO Technologiesは事業部制をとっているので、事業部内で様々な職種の方が集まってサービスの方向性や戦略を考えます。だから毎朝、色々なチームがMTGしているんです。エンジニア目線やデザイナー目線、セールス目線、カスタマーサクセス目線など色々な角度からの意見が出ていて、トレンド情報やアイデアを共有し将来のサービスの為に話し合っている姿を見るとスペシャリスト集団だなといつも感心してしまいます。だからこそ、そこにミッション共感していない人を採用してしまうとこのチームワークは崩れてしまうかもしれないので、弊社はミッション共感をものすごく大切にしています。あと、他責の人がいないですね。「誰かが提案してくれるだろう。」「これは自分の仕事ではない。」という考えを持っている人はいないと思います。
常に変化していく会社でないと生き残れない
現代は少子高齢化社会でもあり、新規に採用する人材の絶対数が少なくなってきています。優秀な人材を獲得するためには会社も現代の風潮に合っていなければなりません。そういった意味でも色々な新しいアイデアを提案していきます。今考えればめんどくさいことも提案していましたが、今までNGと言われた記憶があまりないんです。なぜなら会社全体に新しいことを積極的に取り入れようという姿勢がものすごくあるからなんです。開発のメンバーもそうですし、経営陣もそうです。そんなカルチャーが凄く楽しいし、新しいアイデアを提案するために外部勉強会とかに参加してインプットしなきゃという気になるんですよね。
例えば、開発言語でGoを採用したり、スクラムマスター制度をとっているチームがあったりもそうです。福利厚生で挙げるとリモートワーク導入や、副業OKもそう、VPoEの採用もそうですね!とにかく新しもの好きの集まりです(笑)
でも「新しいから」だけの理由ではなく、業務の効率化だったり、スキルアップにつながっていたりと、やってよかったことしかなかったですね。今後もみんなで積極的に「新しいこと」を挑戦していきたいと思っています。
モチベーションコントロールが上手な人が多い
「動かす」「創り出す」力を自ら構築することができる人には弊社はおもしろいと思います。これは受ける姿勢ではなく動かす姿勢をもっている方、そして待つ姿勢ではなく自ら創り出す姿勢をもっている方という意味です。日々変わりゆくマーケットにおいて弊社が次のステージへと進化する原動力になるのは、やはりそういった方だと思いますし、現在、弊社で活躍されている方は「動かす」「創り出す」力がある方です。
SO Technologiesの平均年齢は31.7歳で、男女比は7:3で男性が多い組織です。若いメンバーが多いチームですが、みんな責任感をもって仕事していますね。
とにかく変化が激しいし、スピード感を求められるので疲れてしまう時もあるんですよね。そんな時は休暇を利用して海外に行くとか、しばらくリモートワークでもいいし、気分転換にみんなでどこかに行ったりと、とにかくやる気がでるように各々がきちんと自分を何とか調整して、それに対して周りが全力でサポートしています。
家庭があって時間に余裕がない人もいます。自分のやりたい仕事にたどりつくまでに時間がかかり泥臭い作業を毎日しないといけない人もいます。頑張ってもまだ結果が出ていない人もいます。それでも元気に真面目に同じベクトルを向いて仕事しているチームを尊敬しています。
弊社の面接は1次に執行役員がお話をさせていただきます(エンジニアはプロダクトごとのエンジニア責任者)。場合によっては最初から代表が出る場合もあります。選考の場ではございますが、ざっくばらんに会話ができるような雰囲気で情報共有ができたらいいなと思っています。きちんとスーツを着て来社していただく方もいらっしゃいますが、是非カジュアルな格好でリラックスして来てください。面談はオンラインでも夜間でも柔軟に対応させていただいておりますので、お気軽にご相談ください。
弊社はミッション共感を大事にしている会社です。そこを大切にプロダクトを作っているからです。弊社の求人に「オープンポジション」という求人があります。そこは地方創生という観点から企画をご提案いただき、直接弊社役員陣にプレゼンをしていただくという選考方法です。ご興味がございましたら是非ご応募ください。
SOT STYLES
社員インタビュー 環境・制度