マーケティングセールス
AKIHITO IMAI
今井 暁史
経歴
2019年キャリア入社
担当業務
マーケティング
座右の銘
縁ありて花開き、恩ありて実を結ぶ
PROFILE:埼玉県出身。大学卒業後、新卒で交通広告代理店に入社し営業に配属。その後、デジタル専業代理店、総合広告代理店のデジタル部門と広告業界の中でもデジタル領域を軸にキャリアを積む。2019年にSO Technologiesに入社。ライクルチームでマーケティングとして従事。
マーケティングの力で日本中の企業や町を助けることが出来る
私は交通広告代理店営業、デジタル専業代理店、総合広告代理店のデジタル部門という順に、広告業界の中でもデジタル領域を軸にキャリアを積んできました。私が生涯していきたい仕事の方向性と、SO Technologiesの掲げるビジョンがマッチしていたのと、他社には無い強みに魅力を感じたから転職を決意しました。
SO Technologiesのビジョンは、全国の中小・ベンチャー企業のマーケティング支援を通して地方創生を推進していくこと。そしてそれはハンズオン型の、いわゆるマーケティング業務を人力で請負う代理店型ではなく、テクノロジーの力で、誰でも簡単にデジタルマーケティングが出来るツールを提供していくというユニークな戦略に魅力を感じました。
今後、デジタルシフトの伸びしろが大きいこの中小企業(SMB)領域に、本気で注力している全国規模のデジタルマーケティング支援会社は非常に少ないと思います。その点で、SO Technologiesのケイパビリティは非常に競合優位性があると思いました。
既に全国にネットワークがあり、SMB領域含めた幅広いデジタルマーケティングの知見があるオプト/ソウルドアウトグループという点や、エンジニアが多く、マーケティングツールの開発が出来る体制を持っているのは他社には無い大きな強みです。
また、SO Technologiesのビジョンに共感し、自分と同じような志をもった人が集まっている点も非常に魅力に感じました。
私自身、広告やマーケティングの仕事が好きでこの業界を志し、キャリアを積んできましたが、将来的には地方の中小企業をマーケティングで支援し、地方の魅力を高めていきたい、そういった仕事をしたいと考え模索していたところでした。
元々、自分の生まれ育った町の個性や魅力、そこへの愛着や誇りが年々希薄になっていくのを感じていて、そういった地域が日本中にあると想っていましたし、そこにはマーケティングが必要で、マーケティングの力で日本中の企業や町を助けることが出来ると考えていました。
0→1フェーズのベンチャー感あって刺激的で面白いですね。
現在、私は「ライクル」という店舗向け集客支援サービスのマーケティングを担当しています。
マーケティングといっても新規事業でまだメンバーも少ないので、マーケティング、インサイド&フィールドセールス、カスタマーサクセスなど役職名に拘らず、幅広く関わらせてもらっています。
最近話題のインサイドセールスやSaaSのビジネスモデルなど、最先端のマーケティング/セールス手法を実践していける環境は、今までいた広告代理店では味わえなかった部分も多く、新しい経験が出来て良かったと感じています。
幅広い業務を楽しめるような気概のある方が向いている
SO Technologiesは真面目で話やすい人が多いです。社員数が90人程度で、1フロアで全員見渡せて、社長もエンジニアも距離感近く、自然とコミュニケーションが取りやすい環境というのは良いですよね。
月1のビアバストとか、部活とか、社内交流の機会も多いですし、雰囲気良い環境だと思います。あとは、新しいことにどんどんチャレンジ出来るような文化ですね。業務支援ツールの導入とか、社内の仕組み改善など、日々の業務の様々な所での意思決定~導入が早い。大きな組織では味わえないスピード感があると思います。
会社のビジョンに共感出来て、自分の役職に拘らず、幅広い業務を楽しめるような気概のある方が向いていると思いますし、是非一緒に働きたいですね。
社会的意義を非常に強く感じることができる
僕は大企業の大規模なマーケティングの担当でした。「億」という数字に対して、正直あまり実感がなかったなと思います。今、予算が限られている中でサービスを利用していただいているお客様からご満足いただいたとき、今までとは違うリアリティが感じられています。
地方にはまだWebサイトがなかったり、インターネットを活用して集客ができていない店が多いと思います。本当に困っているし、助けてあげなきゃいけない。地方中小企業のビジネスを存続させるためにマーケティングの力が必要なのにうまく届いていない状態です。そこを支援できているという社会的意義を非常に強く感じることのできる、価値のあるビジネスです。
自社のサービスを通じて日本全国の店舗のマーケティング支援ができている状態にしていこうと思います。
SOT STYLES
社員インタビュー 環境・制度