カスタマーサクセス
YUYA SHIRATORI
白鳥 裕也
経歴
2019年キャリア入社
担当業務
カスタマーサクセス
座右の銘
初心忘れるべからず
PROFILE:山梨県出身。大学卒業後、新卒でファインズ株式会社に入社。営業としてシステム販売に従事する。その後、社内異動し広告運用の責任者となる。2019年にSO Technologiesに入社。ATOMチームで新規導入支援を中心にカスタマーサクセス業務を担っている。
「ATOM」を利用していた自分だからこそできることがたくさんある
大学進学を機に上京し、卒業後インターネット事業会社に新卒入社しました。最初は営業だったんですけど、もっと広告の知識をつけたかったので広告運用の部署へ異動希望を出し、マーケティング担当者になりました。僕以外にもう1人、ほぼ未経験者がいて最初は2人で独学で運用していました。組織がどんどん大きくなって工数が追いつかなくなり、更にレポート作成からチェックを手動で1000件以上やるのが本当に嫌になって、何か簡単にできる方法はないかって探したら「ATOM」が出てきたんです。
最初「ATOM」を知ったとき革命が起きたと思うくらいびっくりしました。「ATOM」は、日次、週次、月次などのレポート作成業務の自動化ができるシステムで、今まで手作業で集計していたコストやコンバージョンの進捗状況の確認をひと目で管理することができる優秀なシステムなんです。手作業でしていたので、徹夜が当たり前になっていた広告業界に対して、かなり画期的なシステムなんですよね。他の会社と相見積もりをしていたけど値段も全然安かったのですぐ採用しました。
その後は、全社すべての広告アカウント運用管理責任者として広告予算はもちろん、アカウント品質管理等も私の担当でした。幅広く仕事をさせていただいておりました。主にクライアントニーズに対応できるよう広告運用と管理をしていました。また、マネージャーとしてチーム作りに努めていました。
営業、CS、エンジニア関係なく協力体制が出来ているチーム
現在は「ATOM」を導入検討している代理店担当者に対して、導入サポートや導入後のトレーニングなどを担当しています。地方の企業様へのベルフェイス等を活用し、オンラインで行っています。都内の企業様には、毎月1〜2回「ATOM道場」と呼んでいるトレーニング会も開催しサポートさせてもらっています。
営業、CS、エンジニア関係なく協力体制が出来ているので仕事をする上で非常にやりやすく、スピード感をもって仕事していける点は弊社の魅力だと思います。仕事に対して責任感を持っていて、かつ、スピード感を持って業務を行える方ばかりだと思います。
カスタマーサクセスという仕事柄、相手が求めていることや疑問には素早く対応しなくてはいけません。私は、組織内に対してもそうでなければいけないと考えています。なのでクライアントに対してはもちろん、社内でも相手が求めていることを素早く理解し、1番早い解決方法を提案するよう、常に心がけています。
弊社は本当にみんな帰るのが早いんです。でも、やることはききっとやっている。本当にプロ集団なんだと改めて思っています。部署間でのギスギス感など全くないので平和ですよね(笑)
やることをきちんとやっている人しかいない組織だからこそ平和な環境なんだと思います。そんな環境はすごく働きやすいので友人にも紹介していき仲間を増やしていきたいですね。自分の仕事はレポート作成依頼の際にどうしても人力での作成になるため日々のタスクによってはリソースを大きくとってしまい、時間がかかってしまうことがあります。そこは少々つらいときもありますが、他職種と多くの関わりをもって働ける環境は自分自身の成長にもつながります。また、それを応援してくれる会社なので自信をもって紹介できます。
頼れるカスタマーサクセスチームを作る
直近の自分自身の描くビジョンとしては「頼れるカスタマーサクセスチームを作る」ことです。
ツールを使用していくことで疑問が生じ、解決できないままであるとツールに対して不満が出てしまいます。自信を持って提供しているサービスなので、ATOMサポートデスクに問い合わせればすぐに解決できると思っていただければ、顧客満足度の向上につながると考えるからです。
私はユーザーとして利用していたシステムなので代理店の気持ちがわかります。だからこそ新規導入者に対してうまく説明ができるという強みを持ってると思っています。前職で導入決定したのは自分なので、ユーザーの立場からの「ATOM」の良さを理解しています。
まだまだ「ATOM」の操作が難しいと思われている企業様はいらっしゃると思います。今、まさにUIを改善しているので今後はFAQを見ながら解決できるようになる予定です。
私はSO Technologiesの「中小企業を助ける」という理念に共感しました。もともと「ATOM」を利用していたので広告運用者の運用方法の改善に携わりたいと思い転職しました。
テクノロジーを利用して工数を削減できれば運用者が疲弊せずに済みますよね。もっと言うと、その先の家族も幸せになれるって思うんですよね。そんな人が増えればいいなと思いながらカスタマーサクセスの仕事をしています。
SOT STYLES
社員インタビュー 環境・制度